MEDIACRATの情報日記

株式会社メディアクラートのスタッフが、
徒然なるままに書き綴る日記です。
工事事例や最新製品に関する情報もお伝えしております。

不定期更新です。
<< エアドルフィン専用データ表示装置<RM-1000>リリース! | main | PICA富士吉田 エアドルフィン設置工事 >>
VRモードとCPRM
メディアクラート ホームページ
http://www.mediacrat.net/

デジタルテレビ本体も去ることがなら、
デジタル放送対応のHDD/DVDレコーダーも、
合わせて購入される方が増えています。
そんな中、最近、問い合わせが急増している事があるので、
ちょっとその事に触れておこうかと思います。


正直、いままでのビデオ(VHS)のデッキに比べ、
便利になった部分もありますが、DVDの規格や書き出し方法など、
従来以上に、確認しなくてはいけない部分も出てきています。
我々、販売業者としても丁寧に説明を重ねておりますが、
慣れるまでは、なかなか時間がかかると思います。
DVDレコーダーの普及が加速しているということで、
今更ながら、あえてこの辺について触れておこうかと思います。


その急増している問い合わせというのが・・・

「知人が録画した地デジの番組を、DVDにしてもらったが、
 持ち帰って自宅のプレーヤーに入れたら、再生することができないたらーっ

「出かける時に、デジタル放送を録画しておいたDVDを
 車載のDVDプレーヤーに入れたら、まったく認識しなかったムニョムニョ


というような内容です。
要は、
『デジタル放送の番組を、録画に使ったデッキではなく、
違うデッキで再生しようとすると、DVDのディスクを認識しない』

というトラブル。

まず基本として、
録画に使ったデッキから、DVDで録画データを持ち出す場合、
必ず『ファイナライズ』という作業を行うことを忘れないで下さい。
DVDレコーダーの説明書を見ると必ず載っていますので、
この手順を踏んでいるかを、まず確認してください。

次に、肝になってくるのは「VR方式」「VRモード」という規格です。
これが原因のケースが9割を占めます。

細かい事を抜きにして、簡単に説明します。
地デジに限らず、BS/CSデジタルも、全てのデジタル放送において、
複製を防止するために、コピーワンスという制御データが含まれています。
このデジタル放送番組を録画して、DVDに書き出す場合に、
「VRモード」という方式によって、DVDに書き出されます。

よって、再生に使用するプレーヤーが、
「VRモード」で書かれたDVDの再生に対応しているか、
それが、ここでのポイントになってくるわけです。


アナログ放送などコピーワンス制御をされていないテレビ番組を録画し、
DVDに書き出した場合は「Videoモード」で書き込まれます。
これはファイナライズさえすれば、一般的な「Video DVD」になるので、
DVDプレーヤーや、DVD再生機能を持つゲーム機などで、再生できます。
※販売されている映画などのDVDも「Video DVD」です。

さて、VRモードに対応したプレーヤーとは?ということですが、
デジタル放送の録画機能を持ったデッキは、当然対応しています。
最近は、再生専用のプレーヤーでも、VRモードに対応していますが、
ひと昔前の機種や、現行の一部の機種は、対応していない物もあります。
車載用のDVDプレーヤーでは、最近ようやくVRモード対応の機種が出たとか。
パソコンのDVDドライブも、VRモードに対応していなければ、
ディスクを認識しませんし、思わぬトラブルに繋がる場合もあります。
ただ、パソコンに関しても、地デジチューナー搭載の機種でしたら、
おそらくVRモードの読み込みや書き出しには対応しています。
プレイステーション2に関しては、型番SCPH-5000以降の機種に限り、
プレーヤーをVer3.00にアップデートすれば、VRモードに対応するようです。

というわけで最後に、もう一度端的にまとめますと、
「デジタル放送を記録したDVDを再生するには、
 『VRモード』に対応したプレーヤーが必要」

ということになります。


ちなみに、もうご存知かと思いますが、
デジタル放送を記録するためには、DVD-Rも、DVD-RAMも、DVD-RWも、
「CPRM(著作権保護)対応」の製品であることが、必須条件になります。
バルクで売っているものや、データ用のディスクなどは、
CPRMに対応していないので、デジタル放送を記録できません。
「録画用」と書いてあってもCPRMに対応していないディスクもあるので、
適当に選びと、ムダなディスクを買うことになってしまいます。
「録画用」の中でも「デジタル放送」「CPRM」という文字を探しましょう。
(CPRM対応のディスクなら、もちろんアナログ放送も記録できます。)


かなり簡潔に説明してきましたが、以上のように、
便利になった分だけ、慣れるまで戸惑う部分もあると思います。
機種選びや設置の時の説明だけでは、いざ一人で使う時に、
「あれ??なんだけっけか?CPRM?RAM?-R?ファイナ・・ズ・?汗
と、なってしまうのもムリもありません。
引き続き、我々も勉強しつつ、しっかりサポートしていきたいと思います。
| mediacrat | デジタル放送関連 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(1) | - | -









http://blog.mediacrat.net/trackback/666087
これは考え直す時期かもしれないですね(デジタル放送番組の複製)
さてこの問題ですがそもそも、今までアナログのものの複製は、自分でいくらでも複製出来たしそれを取り締まることもしなかったですよね。それではデジタルとアナログの違いからこうやって敏感になるということで宜しいでしょうか。この2者の違いはなんでしょう。デジタ
| 勝手に解説 勝手に解決 | 2008/01/01 2:17 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ