MEDIACRATの情報日記

株式会社メディアクラートのスタッフが、
徒然なるままに書き綴る日記です。
工事事例や最新製品に関する情報もお伝えしております。

不定期更新です。
甲府CATV 「テレビ東京」再送信!
3/24に甲府CATVより発表がありましたが、
同局管内で、テレビ東京の再送信が開始になります。
心待ちにされていた方も多かったでしょう。
 
http://www.nns-catv.co.jp/content/view/444/34/

2011年4月1日午前6時に放送が開始されます。
チャンネルは7chだと思います。

デジタルテレビのメーカーや機種によって、設定はさまざまですが、
初期設定(設置設定)の項目にあります、
受信チャンネル設定において、チャンネルのスキャンを行ってください。
「追加スキャン」として現状の設定にチャンネルを加える方法と、
「初期スキャン」として、一通りすべて読み込み直す設定があります。

基本的に追加スキャンで問題ないと思いますが、
弊社の経験上、正常にチャンネル追加ができなかった事がありました。
追加スキャンで、正常にチャンネル追加が行えなかった場合、
初期スキャンを試してみると良いかと思います。

レコーダーの設定もお忘れなく。
弊社のお客様につきましては、設定がわからない場合は、
順次サポートさせていただきます。



メディアクラート ホームページ
http://www.mediacrat.net/
| mediacrat | デジタル放送関連 | 18:06 | - | trackbacks(0) | - | -
停電とうまく向き合いましょう
しばらくぶりのブログです。

東北地方太平洋沖地震により、
被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈りいたします。

震災の日から早くも2週間が経ちました。
計画停電にも少しずつ慣れてはきているものの、
区域が変更になりましたので、ご注意ください。

乾電池や懐中電灯の品薄が続いています。
懐中電灯は、なるべくLEDのものを導入し、
単3や単4を使用するものがいいかと思います。
この計画停電は長引く可能性がありますので、
アウトドア用に用いられるく本体充電式の照明や、
充電池の利用をオススメします。

普通の乾電池は消耗品です。
使い終われば、処分しなくてはなりません。
必要最低限だけ購入し、
使い終わった電池は、自治体の基準に従い、
正しい分別で処分してください。

また、停電からの復旧時には、
サージ電圧という、急激な電気の流れ込みが起きます。
パソコンやデジタルテレビ、レコーダーなど精密機器には、
致命的なダメージにもなる事もありますので、
停電時には回路ブレーカーを落とし、
復旧したら、1回路ずつ上げていくと安心です。

ディーゼル発電機を利用されている人もいるようですが、
停電中は、テレビなどの音もなくなり、静かになるため、
近所中に稼動音が響き渡ることがあります。
くれぐれもご近所迷惑にならないよう、心がけましょう。

また、デジタル放送の録画機は停電復旧後、
すぐの録画実行などで、若干の誤動作があるようです。
インターネットのモデム、無線LANルーターなども、
動作が不安定になる場合があります。
落ち着いて、1つずつ確認していきましょう。
予め、不具合時の対処方法を確認しておくのも、
重要な対応策です。


小さな事でも、1人1人の取り組みが大切です。
1日早い復興につながるよう、協力していきましょう。


メディアクラート ホームページ
http://www.mediacrat.net/
| mediacrat | その他 | 11:01 | - | trackbacks(0) | - | -
小型風力発電システム 研修会
年始という事もありまして、弊社社長が講師を勤め、
LED照明および小型風力発電システムの
研修会を行いました。



以前から、お付き合いのある企業の方々より、
ご要望をいただいていたのですが、
ようやく行うことができました。

寒い時期ですが、よくお越しくださいました。
遠方は、島根などからもお越しいただき、
本当にありがとうございました。

場所は、妙石案をお借りしまして、
系統連携システムと、独立電源システムそれぞれを
ご説明させていただきました。
http://www.mediacrat.net/jirei/myousekian.html





こういった研修を行っているところは、ほとんどありませんので、
また、ご要望がありましたら、開催したいと思います。



メディアクラート ホームページ
http://www.mediacrat.net/
| mediacrat | エアドルフィン・風力発電機関連 | 10:08 | - | trackbacks(0) | - | -
発泡スチロールの溶剤
狂ったような暑さも、ようやく緩み、
ほんの少し秋の気配が感じられるようになりました。

弊社に限った話ではないと思いますが、
今年の夏は、エアコンの設置に追われ、
嬉しい悲鳴を上げる日々でした。

さて、物が売れれば必然的に出てくる梱包部材のゴミ。
段ボールや金属はなどは、リサイクル回収業者が多いので、
比較的処分には困らないのですが、
なんと言っても厄介なのは発泡スチロール。

山梨では、発泡スチロールの回収業者も少なく、
事業ゴミとしての処分費もバカになりません。

そこで、数ヶ月前から発泡スチロールの溶剤を導入しました。
リサイクル会社は、静岡なのですが、気持ちよく対応してくれ、
溶かした発泡スチロールがいっぱいになったら、
また回収し、新しい溶液と交換しくれます。

こんな感じのドラム缶で届けてくれます。


溶剤は「あれ?」と思うくらい少なく、
缶の下1/4くらいなのですが、溶解能力が高いため、
発泡スチロールをドラム缶一杯分溶かすには、
たしかあに、これくらいでじゅうぶんそうです。

大きい塊のままでも、問題ありません。
ドラム缶に入れば、ブクブク溶けていきます。


数十秒後には、こんな感じ。
季節によって差はありますが、夏場は一番いい時期でしょう。


2分後くらいには、ほとんど形はありません。



現在、軽トラック満載で3台分以上は溶かしましたが、
缶の1/3くらいでしょうか。
冷蔵庫のハコに満載でいくつもたまっていたものが、
ものの数時間で、ドラム缶の底に・・・。
おかげで、スペースも広く使えるようになりました。

オススメですよ!

メディアクラート ホームページ
http://www.mediacrat.net/
| mediacrat | その他 | 12:14 | - | trackbacks(0) | - | -
商店街の街灯LED化
6月15日から2日間、大阪に出張に行ってまいりました。

以前から、寝屋川市内の某商店街より、
「商店街の街灯をLEDに移行していきたい」との
ご相談をいただいておりました。

今回は、最終的な電球選定を含め、
既存電球との照度差を調べたりといった、
現地調査を行ってまいりました。

周辺商店街の会長さんや、店主さんも集まっていただき、
弊社社長より、挨拶をかね、LEDのメリットなどを説明。



出席者の方々は、よく勉強されており、
LEDの照明については、よくご存知でした。
それに加えて、実際の使用例や最新事情などをお伝えし、
みなさん真剣に聞いておられました。

合わせて、現地の販売・工事業者にも、
配線や仕様などについて、細かく説明。



そして日が落ちたところで、
照度を測定し、電球ごと比較したり、
最終的な選定を行ったりという流れでした。



LED電球は、各メーカーこぞって出しておりますが、
光の色や、拡散に特徴があります。
その中で、現地の要望にあった“光”を選ぶ事が望ましいです。

こちらが、従来の水銀灯80W。


こちらが、LED電球10W。


今回設置したLED電球は、下面を照らすタイプのものなので、
写真で比較すると、全体の光量は減っているように見えますが、
地面で数箇所測定して比較したところ、数LUXではありますが、
LEDランプの方が、照度が上がっていました。

この後、お好み焼き屋さんにご招待していただいたのですが、
店内に20個近くついていた40Wハロゲンランプのうち、
試しに1つを4WのLED電球に変えてみたのですが、
こちらも大好評で、検討していただけるとの事でした。
これからの季節、鉄板からの熱があるので、
ハロゲンランプからの熱が削減されるだけでも、
お客さんにとってもありがたいですね。
ハロゲンランプの熱も、ばかにならないものです。



メディアクラート ホームページ
http://www.mediacrat.net/
| mediacrat | LED照明関連 | 18:50 | - | trackbacks(0) | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ